2006年06月05日

日本、いいのか、これで?

昨日の22時(ドイツだと15時)からW杯前最後の壮行試合、日本VSマルタが行われました。
時間は、W杯で昼に行われる試合とあわせてやっています。
つまり、気温、風、日光などなどプレーに関係してくる要素も確かめる必要があるのです。

開始2分。
三都主のクロスから玉田!
やや、ミスキックぽかったクロスを足で流し込みました。
幸先のいい先制点。
が、これだけです。
後は1点も決められません。
攻めて攻めて、攻めまくって1点だけ。
確かに、大黒のシュートがポストに嫌われたり、福西のヘッドをGKがファインセーブしたりはしましたよ。
前半の終盤なんか酷かったですよ。
セットプレーの課題修正はどうしたんでしょう?
中澤がガンガン上がってはいましたが、それも相手がマルタだからでしょう。
カウンターの切れ味に定評があるクロアチアなんかに中澤が攻め上がったら自殺行為ですし、オーストラリアもカウンターで来るでしょう。
ブラジルなんか中澤が上がるチャンスすらくれなさそうですし。

3,4点はいけていたのではないかと思います。
部活で疲れていたのもありますが、つまらなくてなんどの寝そうでした。
パスが繋がらない、ヒデのパスはかなりの数がラインを割っていました。
後半から入った小野もミス連発。
トラップミスがとても目立ちましたね。
らしくないですが。
格下ということでナメていたと思います。
ヒデが。「収穫はない。課題は、どういうプレーするという以前に、走らないといけない。根本的なこと。走らないと、サッカーにならない」とコメント。
ジーコも怒り心頭という感じで「どの状況でも、同じような気持ちで全力を出さないといけない。最初から最後まで自分のすべてを注ぎ込むことができないとダメだ。今は選手によって差がある。相手が格下で気を抜いた。」とコメントしていますね。
これならトリック見ておけばよかった;;
「うらな〜いで表な〜し!」って話でしたけど(笑
中田浩二、稲本が久々に出ていましたね〜、稲本は自国開催の時に大ブレイクしましたしね、大舞台に強いイメージはあります。
浩二も色んなポジションが出来るのでサブでは重宝します。
玉田も久々にゴールできてよかったと思いますよ。

もう4日ですよ、4日!
ドイツVSコスタリカはTBSで23時から放送されます。
いまやオリンピックを超えたとも言われるスポーツの祭典W杯。
戦前のベルリンオリンピック以来の国際的な大会を開催するドイツも気合が入っています。
posted by 宝月 大和 at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | JAPAN

2006年06月02日

日本の評価が凄い。

ドイツ戦を2−2で終えた日本。
欧州各国、ブラジルのメディアが日本のことを絶賛していました。

「ドイツ、あわや大恥」という題名で「クリンスマンが日出づる国の猛攻を何とかしのいだ」と記載した英紙ミラー。
「日出づる国」って向こうでもあるんですね(笑)
「聖徳太子」とかも知っていたりして・・・

イタリアのTV局「スポルト・イタリア」は高原の1点目のシュートを「きれいな、素晴らしいメスさばきのような攻撃」と絶賛。
「バー職人」と思ったのはどうやら僕だけのようです(苦笑)
セリエAでプレーしたことのある柳沢についても「セリエAで結果を出せなかった彼は何? 日本では素晴らしい」とのコト。
中澤についても「空中戦では常に勝っている」というコメントを残していますし・・・もしかして海外移籍もありえるんじゃないんですか!?
カテナチオの国ですからね、あそこは。
老朽化したミランの若返り策にm(ないから

グループリーグで一番のライバルとされているクロアチアの新聞は98年大会で勝っているものの、
「今のクロアチアにはFWスーケルもGKラディッチもいない」
「カミカゼ相手に勝つのは、不可能なミッションかもしれない」
と弱気なコメント。
まぁ、イラン戦であんなポカミスを見せられたら誰でも不安になるとは思いますが、あの堅固なDFはなかなか突き崩せないと思いますよ。

最後にブラジル。
フォリャ・ジ・サンパウロ紙が「過去3回W杯を制したドイツを威圧した」と絶賛。
高原2点目のプレーも「ジーコ監督の現役時代の攻撃的なプレースタイルを思い出させた」と信じられないくらいの賛美を送っています。
現役のジーコって、そりゃ言い過ぎですよ。
エスタド・ジ・サンパウロ紙は「鍛えられた日本のディフェンスは、ブラジルにとっても問題となるだろう」と掲載。
すげぇ、ロナウド、アドリアーノ、カカ、ロナウジーニョが苦戦するなんて・・・

高原、中澤への誉め言葉が多かったですね。
確かに高原のキレは凄かったですよ。
でもね・・・2点のリードを守れないのはやっぱりダメでしょう。
1点差に詰め寄られた時、焦ってファールを連発・・・これはまずい。
大黒も2回の決定機を逃しましたしね。
・・・・なんかセルシジオ越後さんみたいですな・・・^^;

話はガラリと変わりますが、エヂミウソンが代表から外れるそうです。
半月板損傷ですね。
あの豪華攻撃陣と支えているボランチでCBも出来るという素晴らしい選手だったのですが、残念です。
posted by 宝月 大和 at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(2) | JAPAN

2006年05月31日

日本代表、ドイツに2−2で引き分ける

いや〜、意外でした。
まさかここまでやるとは・・・
ドイツ代表も本番直前と言うことでほぼベストメンバー。
全部見たわけではありません。
学校に行くため普通に起きたら高原が先制点を決めました。
バー職人こと(勝手に命名)高原が2得点というのは驚きでした。
やはり、自分がやっている国だと強いのでしょうか?
1点目はダイレクトを混ぜた細かいパスからスルーパス!
飛び出した高原がレーマンと一対一!
浮かした球をショートで放ったので「バー職人?」と思ったのですが、見事叩き込みます。
2点目は凄かった。
ペナルティーエリア右外で受けた高原がいったん相手に背を向けた方と思えば急ターン!
ガタイの良いドイツ人相手に人と人の隙間を無理矢理通り、飛び出したレーマンを見て冷静にファーへ流し込みました。
ドイツの得点は二つとも歯磨きと登校支度で見損ねました;;
高さを生かしたセットプレーでの得点らしいです。

う〜む、日本にとっては本番前にいい弾みなったのではないかと思いますよ。
開催国で強豪相手に引き分けですから。
でも、2点のリードを守りきれなかったのは痛い。
逆にドイツ。
クリンスマン監督・・・大丈夫か?
国内で批判ブーブーに上に、日本と引き分け。
しかも、2点を先に取られていますし。
「経験値不足」と叩かれているDF陣に更に追い討ちが来そうです。
欠場が濃厚と言われていた小皇帝バラックも出ましたが、低調なパフォーマンスでしたね。
福西(でしたっけ?)に股抜けまでされていましたし。
まぁ、CLミラン戦で見せたあの豪快なミドルシュートを大会でも見たいです。

最後に、ダイスラーが出ないとやはり面白くないですね〜。
なんかまた鬱病が再発しだしたらしいですし・・・心配です。
posted by 宝月 大和 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(2) | JAPAN

2006年05月30日

ドイツ戦直前。

W杯が近づいてきました。
日本でもフィーバー!
ヒデとか宮本とかバーなんか作ってるほどの余裕があるのかどうやら。
ヒデのところはインターネット完備ですからね〜。

そんなことはさておき、明日の午前4時45分からドイツVS日本が行われます。
前回の対戦では3−0で日本の惨敗。
今回は、バラックが欠場という話ですが、痛みが引いてきたため出場もありえするそうですね。
彼もチェルシーですからね、青ですよ;;
バイエルンのユニフォーム、似合っていたのになぁ。
相手も本番直前で勝っておきたいでしょうし、手強い相手でしょう。
少なくとも時差ぼけ1.5軍のブルガリアにホームで負けているようじゃ・・・
posted by 宝月 大和 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | JAPAN

2006年05月15日

日本代表、W杯メンバー23人決定。

本日5月15日午後2時、日本代表W杯メンバーが決まりました。
学校でしたが、授業中に友達のワンセグ携帯で見ていました。
川渕さんの挨拶が長い!
きっと選手達も早く引っ込めと思っていたでしょう(笑)

<GK>
川口 能活 (磐田)
楢崎 正剛 (名古屋)
土肥 洋一 (FC東京)

<DF>
田中  誠 (磐田)
宮本 恒靖 (G大阪)
三都主アレサンドロ (浦和)
中澤 佑二 (横浜)
中田 浩二 (バーゼル)
坪井 慶介 (浦和)
加地  亮 (G大阪)
駒野 友一 (広島)

<MF>
福西 崇史 (磐田)
中田 英寿 (ボルトン)
中村 俊輔 (セルティック)
小笠原満男 (鹿島)
稲本 潤一 (ウエストブロミッチ)
小野 伸二 (浦和)
遠藤 保仁 (G大阪 )

<FW>
柳沢  敦 (鹿島)
高原 直泰 (ハンブルガーSV)
玉田 圭司 (名古屋)
大黒 将志 (グルノーブル)
巻 誠一郎 (千葉)

久保が代表から落ちました。
代わりに巻。
ついこの前、エース指名されていませんでしたっけ?
サプラズですね、これ。
98年のカズ、02の俊輔で今年は久保ですか・・・

松井も落ちてしまいましたね。
彼のテクニックは世界でも十分通用すると思いますがねぇ。
まぁ、代表での実績が少ないので、タレント揃いのMFは勝ち抜けませんでしたね。

とりあえず、頑張ってもらいたい物です。
posted by 宝月 大和 at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | JAPAN

2006年05月09日

キリンカップ VSブルガリア

W杯23人枠を決める最終考査キリンカップの第一戦が本日、長居スタジアムにて行われました。
まぁ、23人枠に入れるかどうか微妙な選手達にはビッグチャンス。
鹿島、浦和の選手は2日前のJリーグの試合があったため、今日はお休み。
本当に、これはビックチャンス。
小笠原、三都主、小野はベンチスタートなんですから。

まぁ、気合十分で臨んだわけですが・・・・開始1分。
A・マドリーのサイドアタッカーM・ペトロフのサイドチェンジから、誰かがシュートし、それを誰かの足に当たってコースが変わり、ゴールへ突き刺さります。
あまりにもあっけない失点。
これは痛い。
その後もブルガリアに上手くボールを回されていましたね。
43分に攻撃の起点となっていた左サイドの村井が負傷退場。
三都主が入ります。
う〜む、村井はいい形で攻撃に参加していたのですが・・・残念です。
個人的には三都主よりも好きなんですがね〜。

後半に入るとややチャンスが増えた感があります。
76分、三都主のシュートを巻が体に当てて同点に追いつきます。
実況もこのまま逆転だとか言っていたロスタイム。
ブルガリアがFKで勝ち越し。
直接決められてしまう始末。
あまり上手いとは言えないキックだったんですがね。
あれを止められないとピルロやジュニーニョのキックはまず止められないでしょう。
実況とか北嶋さんの一瞬声が消えていたのが面白かったですね、長居のサポーターも静まり返っていましたし。
欧州だと入れても入れられても騒いでいる感があるので。

このまま試合終了。
まぁ、永遠の課題であるFWは今日はもうアピールでしたね。
玉田、巻は前線からプレスをかけたり、最後までボールを追いかけたりと。
玉田もフィールドを走り回り、ボールを受けては得意のドリブルで持ち込むなど今までに見ない好プレー。
STとしては素晴らしいと思います。
ポストプレイヤーの巻との相性もよさそうですしね。
巻は点も決めていますしね。
やはり、最高のアピールはゴールです。

このままでは決勝トーナメントに残れないですよ;;
ベルバトフとか出ていませんしね。
日本に着たばっかでコンディションも整っていないだろうし・・・
「オーストラリアに勝てば行ける」とかいうわけのわからないムードも巷では出ているらしいですが・・・ねぇ?
posted by 宝月 大和 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | JAPAN

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。