2006年09月28日

バイエルン、インテルに勝利。 その他CL

今日の注目カードの1つだった、インテルVSバイエルンは0-2でバイエルンの勝利で終わりました。
バイエルンのメンバーは去年と違った思いでミラノを発つことになるでしょう。
インテルはホームでの敗戦。
痛い、痛すぎます。
イブラヒモビッチのどうやったら外すんだいうようなシュートミス上にグロッソ、共に退場ですし、良いとこありませんね。
 
バレンシアはローマに2-1で勝利。
FW無しのトッティ1トップと昨シーズンにも見せた奇策でスパレッティ監督は試合に臨みました。
中盤が数的優位になり、、小刻みなパスワークでローマがペースを握りますが、先に先制されてしまいます。
その後PK追いつきますが、スペイン代表の新しいストライカー、ビジャが素晴らしいシュートを決め勝ち越し。
スパレッティ監督は、後半から中盤のアクイラーニとモンテッラを代えます。
ビハインドの状況でFWを入れるのは極当たり前ですが、この采配が皮肉にも裏目にでます。
今までトップが居ないことで戸惑っていたバレンシアDFにターゲットを与えてしまいます。
モンテッラに入った瞬間に厳しいチェックが来るなど、攻撃の芽を潰していきます。
その後は完全にバレンシアペース。
もう2、3点入りそうな雰囲気。
ローマのシュートが3本に対しバレンシアはシュート11本ですからね。
面白い試合でした。
バレンシアは今シーズン素晴らしい試合を続けていますね。
 
その他の試合

スパルタク・モスクワ 1-1  スポルティング・リスボン     ブレーメン 1-1  バルセロナ
レフスキ・ソフィア 1-3  チェルシー               ボルドー 0-1  PSV                         リバプール 3-2  ガラタサライ                シャフタル・ドネツク 2-2  オリンピアコス・ピラエウス

 
インテルは厳しいですね。
ただいま、グループB最下位です。
ブレーメンは後、もう一歩のところで勝利を得られず。
去年、ユベントスを追い詰めた力を見せて欲しいです。
posted by 宝月 大和 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | Champions League:Others
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24583582

この記事へのトラックバック

1トップ、実は0トップ 〜ローマVSバレンシア〜
Excerpt: バレンシア 2−1 ローマ いやぁ〜、面白かったですね、前半。 このまま点の取り合いになるのかなあと思いましたが 後半は点が動きませんでした。 ローマは特に前半でも序盤はすごく押し..
Weblog: 被奪取率No.1
Tracked: 2006-09-29 22:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。