2006年08月31日

カルチョメルカート、閉店間近。

もうすぐ、移籍市場も閉まってしまいますね。
最後の最後でサプライズ・・・ってなこともありますが。

・ファン・ボメル、バイエルンへ移籍
ファン・ボメルが1年でバルサに別れを告げ、新しくバイエルンへやってきました。
昨シーズンは、シャビを故障の穴をイニエスタとともにしっかりと埋めきりました。
シュート力は凄いと思いますよ、セードルフばり。
マガト監督はどのように起用していくのでしょう。
ユーリティー性は高いですからね。
バラックの後釜か、マンUの引き抜きの噂が絶えないハーグリーブスの放出後の対策か・・・

・ホアキン、バレンシア移籍がまとまる
ここ最近、もっともストレスが溜まった人を上げるのならこの人ですよね。
トルコに移籍させられたり、リヨンに売られそうになったりとロペラ会長の数多の妨害工作を跳ね除け、遂に入団会見。
移籍金は2500万ユーロ(約37億4000万円)。
クラブ史上最高額とか。
彼のドリブルは見てて楽しいですよ。
バレンシアで更なる活躍を期待したいですね。

・マニシェ、A・マドリーへ
A・マドリーがかねてから狙っていたポルトガルのダイナモ、マニシェを獲得。
ロシアに行って半年でポルト時代の師であるモウリーニョ率いるチェルシーへレンタル。
あまり出場機会は与えられなかったので、チェルシーに完全移籍はせずにA・マドリーへ。
まぁ、ランパード、マケレレ、エッション、バラックと怪物揃いじゃ、ポルトガル代表のスタメンも定位置確保は難しいですよね。
豊富な運動量でどこにでも顔を出して、味方の攻撃を円滑に進め、強烈なミドルシュートを持っています。
先のW杯準々決勝のイングランド戦の終盤は精度が酷かったですが^^;
ルーニー退場で守りに入ったイングランドに雨霰のようにミドルシュートを浴びせましたがホームランが多かったですね。
ウイイレでは強烈な一発を放ってくれるのですが(笑)

・ヴィエリ、月1500ユーロ(約22万円)でアタランタに復帰。
インテル→ミラン→モナコ→サンプドリアとクラブを転々としていたヴィエリが、今季からセリエAで戦うアタランタに復帰することが決まりました。
引退も囁かれていたでしたが、現役続行を決意。
賃金はなんと月1500ユーロ(約22万円)。
全盛期にインテルからもらっていた額に比べれば天と地ほどの差があります。
億単位でしたからね。
しかし、ヴィエリは「これでいい。お金の問題じゃない。これまで好条件の契約を結んできたけど、もうあまり気にしていない」とのこと。
ローマでもトンマージが法律で定められている最低の月謝で契約を結んだこともありますが、お金をたくさん稼いだ人はお金に興味がなくなるんですかね?
重戦車の異名をとったヴィエリがどのようなプレーをするのか、楽しみですね。

・フランス代表MFペトレッティ、オセールへ移籍。
リヨンで完全に輝きを失っていたペトレッティがオセールに移籍しました。
リヨンで調子を落とし、フランス代表の定位置も失うなど最近悲惨なニュースばかりでしたが、今度こそというような形で移籍。
どうなんですかね、彼?
あまり名前を聞かなくなってきた矢先に新しい話を聞いたので載せてみましたが。

・フランス代表FWトレセゲ、ユベントス残留?
ユベントスのスポーツ・ディレクターのアレッシオ・セッコ氏がトレセゲの残留を断言。
移籍の可能性はないと話していたそうです。
トレセゲ程の選手がオファーをもらわないのもおかしいような気がしますが、本人がユベントスの残留を望んでいるのであれば、いいですよね。
ブッフォン、ネドヴェド、デル・ピエーロ、トレセゲと結構残りましたね。

・ゴブ、リヨンと契約延長。
移籍を望んでいたフランス代表のサイドアタッカー、ゴブが結局リヨンに残ることになりました。
魅力的なオファーも少なくリヨンでプレーすることを決意。
リヨンは、ディアラ以外の選手の慰留に成功し、いい感じで補強も進んでいるみたいですね。
リーグ・アン6連覇もいけそうですね。
オラス会長はあくまでヨーロッパ制覇が目的でワールドクラスのCFにラブコールを送り続けているみたいでです。

こんなもんでしょうか。
ファン・ボメルとマニシェ、ホアキンが大きな移籍ですね。
テベスがローマへなど、31日にサプライズは起こるのでしょうかね?
posted by 宝月 大和 at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移籍情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。