2006年08月27日

インテル、今季初タイトルを獲得

開幕前の大きな戦い、イタリアスーパーカップがサンシーロで行われました。
昨シーズンのコッパイタリアの覇者、ローマとユベントスのスクデット剥奪、ミランの減点によりスクデットを獲得したインテルの一戦。

前半
ローマが思い通りのプレーを展開し、インテルを圧倒。
13分にはマンシーニが先制ゴール。
エリア中央でのサネッティのミスに付け込み、飛び出したGKトルドをヘディングで破った。
18分アクイラーニが惜しいシュートを放ったが、トルドがはじき出してCKに逃れる。
25分にはトッティとの美しいワンツーからアクイラーニが得点し2-0。
34分にもアクイラーニが決めて3−0。
インテル、ホームで早くも3失点。
アクイラーニが光っています。
しかし、45分インテルは左サイドからのFKにヴィエラが頭で合わせて3−1。

後半
ヴィエラの活躍とマンチーニの采配(グロッソに代えてマイコン、アドリアーノに代えてクレスポ)が的中。
65分に右サイドのスタンコビッチからのクロスにエリア中央で合わせたクレスポのヘディングシュートで3−2。
72分、スパレッティ監督はトッティをベンチに下げ、ミドを投入。
75分、ゴール前のクレスポが踵で触ったボールが浮き球となり、左サイドのイブラヒモビッチに流れシュート。
これをヴィエラがゴールに押し込み、同点。
インテルではヴィエラが光っています。

延長
95分、フィーゴが25メートルの距離からのFKを直接突き刺し逆転の4−3。
ギブが主審になんか言って、レッドの退場。
この辺は良くわかりません。

このまま試合終了。
劇的な逆転勝利でインテルはスーパーカップ2連覇で通算3度目。
非常に幸先の良いスタートですね。
こんな点の取り合いはセリエAで珍しいですよ。

監督、選手のコメント
マンチーニ
「スタートは悪いどころか最悪だったと認めざるを得ない。ローマの立ち上がりは非常に良かった。フィジカル面ではインテルの方が上だが、スピードでは負けていた。最初の35分から40分は試合のリズムに乗ることができず、いくつかのミスも犯してしまった。ミスの原因は相手のプレースタイルにもある」
「今日スタジアムに来ることができなかったファケッティ会長に勝利を捧げたい。間違いなくこの勝利を喜んでくれることだろう」

スパレッティ
「試合がフィジカル面の勝負になってきた時、インテルの方が勝っていることが明らかになった。戦術や技術で勝負できているうちは良いプレーができていた。相手には190センチクラスの長身選手がおり、低いボールで勝負しなければやりにくくなる。
 選手たちの見せていたプレーはもっと良い結果に値するものだったが、残念だ。互角の勝負ができたが、勝ったのはインテルだった。勝てると思った時に少し気が抜けてしまった」

マテラッツィ
「一つのまとまったチームになりつつある。同じような形でリーグ戦に臨みたい。最初はローマに少し脅かされた。相手は全員がよく動いていて、守りの的を絞ることができなかった。この勝利はファッケッティ会長に捧げたい」

ヴィエラ
「うれしいよ。とても難しい試合だった」
「インテルはいいチームだけど、もっと練習も必要だし、グラウンドの上で強さを見せなければならない。今日の勝利はリーグ戦に向けて大きな意味がある」

フィーゴ
「僕らは最後まで自分たちを信じていた」
posted by 宝月 大和 at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Serie A
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。