2006年08月22日

ユベントス、司法機関に提訴

ユベントスが先のスキャンダルの罰則の緩和を求め、司法機関に提訴する方針を固めたそうです。
主にA残留を要求しているそうです。
イタリアサッカー協会から最初に受けた処分を不服とし、オリンピック委員会に上訴したんですが、処分は変わらず。
最終手段の司法機関への提訴に至ったそうです。
すでに9月10日に咲き延ばされていたセリエA開幕が更に遅れる可能性も出てきました。
判決が出るまで試合は出来ませんからね。
イタリアの司法制度は知りませんが、日本みたいに三審制だったら、異常に時間がかかりますよ。

う〜む、プレミアなどもうすでに開幕しているリーグもあるのに・・・
posted by 宝月 大和 at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Serie A
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。