2006年08月20日

ミラン、ソビス獲得に動く

シェバの後釜が決まったようです。
その名もラファエル・ソビス。
ブラジル人でインテルナシオナルに所属している21歳の若手。
「・・・・誰?」が最初の感想です。
聞いたことすらない名前だったので^^;
南米のサッカー事情に詳しい友人に聞いたところ、インテルも獲得を狙ったことがあるとか。
一体どんなプレーをするのか楽しみです。
堅固なディフェンスが多いセリエAで揉まれて成長を遂げて欲しいです。

インテルの方は、なにやらアドリアーノとマルティンスを放出するようです。
今シーズンはイブラヒモビッチ、クレスポを補強したので明らかにFWはあまり気味。
2人とも昨シーズンのレギュラーだったんですが、連携が全くなくゴールもあげられませんでしたからね。
マルティンスは足の速さだけに頼っているイメージが強かったですし。

ローマはインテルからピサロを4年契約で獲得。
ローマがかつての輝きを取り戻すために動き始めましたね。
昨シーズントッティの1トップ起用という奇策を用いたスパレッティ監督は、インテル、ミランの2強の牙城を突き崩には、もう少し選手が欲しいみたいですね。
昔のように優勝争いにもなったラツィオとのローマダビーが活気を取り戻して欲しいですね。


ユベントスはもう既に試合を行っています。
コッパイタリア1回戦でセリエC1のマルティナに3−0の快勝でした。
MFマルキオンニ、FWボジノフの新加入の2人とネドベドが決めたみたいです。
デジャン監督も満足そうなコメントを残していたそうです。
posted by 宝月 大和 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移籍情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。