2006年07月03日

ベスト4出揃う。

凄いことが起こっています。
ドイツ、アルゼンチンをPK戦で撃破!
一体どうしたんだ、ドイツDF!
見違えるほど、堅くなっているじゃないですか。
アルゼンチンの中央突破からの攻撃を見事防いでました。
セットプレーでの失点はありましたが、仕方ないことです。
クローゼの同点ゴールは素晴らしかった。
バラックのクロスを誰かが上手く後ろに流して、あの強烈なヘッド!
爽快です。

イタリアはウクライナを3−0で余裕の戦い。
ザンブロッタが光っていました。
開始直後のゴールに、交代の影響で右から左に移っても高いパフォーマンスを維持。
3点目のアシストまでしていますよ。

ポルトガルはPK戦を制してイングランド倒しました。
ベッカムを負傷退場で欠き、ルーニーもラフプレーで退場となり、圧倒的にポルトガルがボールを支配します。
しかし、堅いイングランドDF。
ジョン・テリー、ファーディナントを中心としてゴールを割らせません。
マニシェのミドルシュートが雨霰のように打たれていましたが、ロビンソンが全て弾き返します。
19歳のレノンがスピードに乗ったドリブルでポルトガルDFを引き裂いていました。
ハーグリーブスも存在感をあらわしていましたね。
ポルトガルも、いぶし銀フィーゴと超新星クリスチアーノ・ロナウドの魅惑のドリブルで面白いサッカーをしていました。
PKはリカルドが神が掛かっていましたね。
ランパード、ジェラードのシュートを全てストップ!
凄いぞ・・・あれは!

フランスも今大会優勝候補の最右翼だったブラジルを倒しました。
無敵艦隊を沈め、王国も征服したレ・ブルーはかつての輝きを取り戻そうとしています。
初召集のリベリーがいい感じで仕事をしていました。
ジダンもため息が出るプレーで観客を沸かせます。
先制点はジダン→アンリのラインが繋がりましたね。
素晴らしいゴールでした。
高原や柳沢だったら遠いどこかへふかしていたでしょう。

残ったのは欧州勢のみとなりましたね。
準決勝は、共に4度目の戴冠を狙うドイツとイタリア、初優勝を狙うポルトガルと8年ぶりの制覇を狙うフランスです。
イタリアとドイツ・・・直前の親善試合だとイタリアが快勝していましたね。
まぁ、イタリアで行った試合ですし、今度は状況が180度違いますけど。
因みに、ドイツはPK戦に強いのに対しイタリアは超弱いですね。
PKに入る前に終わらせるべきでしょう。

フランスとポルトガルはW杯では初の対戦。
進ぜイン試合ではフランスがかなりの数で勝っています。

もう此処まできたら予想なんか無意味ですよね!
posted by 宝月 大和 at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | World cup
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。