2006年06月16日

W杯 グループC アルゼンチンVSセルビア・モンテネグロ

意外と、サプライズが少ない死のグループこと、グループCアルゼンチンVSセルビア・モンテネグロが行われました。
コートジボワールに競り勝ったアルゼンチンと、ロッベンに切り裂かれたセルビア・モンテネグロ。
これこそ「絶対に負けられない闘い」。
アルゼンチンは神こと、マラドーナが応援に駆けつけていました。
余談ですが、マラドーナが開幕式に現れなかった理由は、ペレがワールドカップを持って最初に入場することに妬いたかららしいですよ。
勿論、聞いた話ですがね。
関係者は「そのことを話してくれたら、同時入場も考えたのに」と言っていたそうです。

さて、そんなことは置いておいて試合に入りますか。
開始5分。
サビオラが、右サイドでボールを持ち、グランダーのクロス。
M・ロドリゲスがしっかりと合わせてゴール。
アルゼンチン、先制します。
ヨーロッパ予選10試合1失点の開催国のなかでもっとも堅固なセルビア・モンテネグロのDF陣を破ります。
この1点は大きいです。
堅固なDFを売りにしているチームは早い段階での失点を特に嫌います。
15分、22番ゴンサレスが腿を傷めてカンビアッソとかわります。
今大会初出場だっただけに悔しそうでした。
28分、リケルメ、ペナルティーエリエ外の中央からミドルシュート。
素晴らしいプルアウェーの動きを見せていたクレスポにパスを出していれば・・・というシーンでした。
31分、アルゼンチン素晴らしいパスワークを見せます。
ペナルティーエリア右外でパスを受けたサビオラがターン。
中のカンビアッソにパスを出し、それからペナルティーエリア内のクレスポにパス。
これをクレスポがヒールでカンビアッソに返し、カンビアッソがダイレクトで決めて2−0!
凄い、凄すぎる、これこそ本当のサッカーだ!
36分、中盤からのスルーパスに完全に抜け出したクレスポが追いつき、GKと1対1!
が、オフサイド。
リプレイも見ましたが、あれはオフサイドではないでしょう。
どう考えても;;
41分、左サイドゴールライン際でサビオラがボールを奪います。
そのまま、中に切り込み、シュート。
GKが弾きますが、M・ロドリゲスが詰めて、ゴール
3−0!
M・ロドリゲスは難しい位置から良く押し込みました。
この試合2点目。
前半が終わります。

後半5分、DFをかわしたクレスポがミドルシュート!
強烈でしたが、惜しくもGKの正面。
6分、サビオラのジャンピングボレーシュート。
GKが体を張って止めます。
9分、アルゼンチン、FKを得ます。
キッカーは勿論、リケルメ。
直接狙いますが、壁に当たります。
その球を拾ったセルビア・モンテネグロがカウンター!
左サイドから中のミロシェビッチにクロスが上がりますが、あと数センチのところで合いません。
13分、この試合の全ての得点に絡んだサビオラがテベスとかわります。
会場はスタンディングオーベーションでサビオラの働きを称えました。
19分、カンビアッソに対して、ケジュマン足の裏を見せてのスライディング。
これに対して、レッドカードが出されます。
今回の主審はそんなにファールを取らないような感じで試合を進めていたんですがね。
3−0の上に1人退場・・・セルビア・モンテネグロ、厳しい状況です。
24分、ミロセビッチが交代します。
後半28分、M・ロドリゲスとかわって、神の子リオネル・メッシが入ります。
アルゼンチン代表の最年少記録を更新する18歳での出場です。
18でW杯出場なんておかしいですよ、ありえない。
バルサでスタメンを張っているんだから、怖い。
正に神童。
そしてやってくれるんです、33分。
十八番の高速ドリブルで左サイドを抉り、グランダーの折り返し、滑り込んできたクレスポが押し込み、4−0!
メッシ、初出場、初アシスト。
マラドーナが見ている前でマラドーナ2世がやってくれます。
後半38分、今度はテベスがやってくれます。
リケルメからのパスを貰ったテベスがDFをかわして冷静にグランダーのシュート。
アルゼンチン5−0!
大爆発です。
テベスは今大会初得点。
43分、メッシが来た!!!!!!!!!!!!!
メッシ、W杯初出場、初アシスト、初得点!
アルゼンチン代表最年少得点の記録更新です。
神が舞い降りました。
歴史的瞬間に立ち会うことが出来ました。
本当、18歳かこいつ。

このまま試合終了。
アルゼンチン6−0で快勝です。
凄い、ありえない。
恐ろしいメッシ&テベスの若手。
司令塔リケルメの完璧なゲームメイク。
クレスポの力強いプレー!
破壊力抜群の攻撃陣。
このゲームはW杯の伝説に新たに加わるでしょう。
posted by 宝月 大和 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | World cup
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。