2006年06月10日

ドイツVSコスタリカ

開幕、セレモニー・・・凄かった。
フィールドが赤くなったよ;;
しかも、すげぇ、昔のW杯制覇メンバーが続々・・・
ペレ・・・カッコよすぎだよ、あんた。
ってか、マラドーナはどこに行ったのよ(笑)
リトバルスキーもいたし、デサイーもいたよ!

はてさて、ドイツVSコスタリカ。
殴り合いでしたね。
前半6分、こぼれ球を拾ったラームがかわす、切り込む、打つで素晴らしいシュート!
無回転の球がバーにあたりドスン!
幸先良く、先制しますが12分。
ワンチョペが抜け出して、レーマンと1対1!
冷静に決めて、同点に持ち込みます。
ってか、何やってんだよフリートリヒ!
完全にラインを下げているじゃないか!
メルテザッカーとかワンチョペへのパスを見たあと「よし、オフサイド!」
笛が鳴らない・・・右を見るとフリートリヒ!
「なにやってんだ、お前!!!」ってな感じで戻っていましたよ(笑)
ドイツのアキレス腱はDFです。
いやな空気がドイツに流れます・・・が前半17分!
シュナイダーが右サイドを抉り、マイナスのクロス。
これを後ろから走り込んできたシュバインシュタイガーがダイレクトで打つのかと思いきや、ワントラップして、パス!
これをファーでクローゼが左足で合わせて、ドイツ、1点勝ち越し!
シュバインシュタイガーのパスはミスシュートぽかったですがね^_^;

このまま前半の折り返します。
後半16分!
今日絶好調、ラーム!
左サイドからクロスを上げ、相手DFに当たります。
これをクローゼがヘッドでシュートを打ちますがGKがこぼします。
素早く詰めていたクローゼがゴール3−1!
クローゼのボディバランスが冴え渡りますね。
ラームも怪我に悩まされた今シーズンの鬱憤を晴らすかのようです。
28分 コスタリカ ワンチョペのゴールで追い上げます。3−2。
いいぜ、ワンチョペ!
センテノの綺麗なスルーパス、オフサイドかと思いましたが、DFラインの裏に抜け出したワンチョペが冷静にゴールを決めます。
42分、終了間際にもう1ゴールが待っていました。
フリングスが超絶ミドルシュートを叩き込み4−2!
このまま試合終了!

ドイツ、初戦を白星で飾りました。
が、DF、どうにかなんないのかね?
不安で不安でしょうがないですよ。
とりあえず、攻撃面には素晴らしい評価が得られていると思うので、DF陣はもう少し気合を入れてきましょう!

以上、イングランドVSパラグアイを見ながらの投稿でした(笑)
posted by 宝月 大和 at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | World cup
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19098406

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。