2006年05月14日

揺れるセリエA

え〜、ご存知の方も多いと思いますが、今イタリアサッカー界は大いに揺れています。

ユベントスの八百長疑惑。
試合をユーベが有利になるように圧力を掛けたみたいです。
イタリア代表の選考にまで圧力を掛けていたという話も出てきていて、史上最悪のスキャンダルになりそうです。
ミランの試合にも圧力を掛けていたと聞き、怒り狂っていますが。
三頭体制で有名な取締役は総退陣だとか。
圧力を掛けていた時の電話を警察に盗聴されていたのです。
こんな証拠を突きつけられたら逃げられないですよ。

ブッフォンも非合法のサッカー賭博への関与で事情聴取を受けるという衝撃的なニュースも届いています。
有罪と裁かれたら、3年間の出場停止まで考えられているようです。
W杯のメンバーからも外れるなどという話も出ています。

・・・・・はい、まずいです。
1980年も同じようなことでミランとラツィオがセリエBに降格になっていますからね。
同等の処分が下される可能性は大です。

ミランもミランで笑ってられない状態に。
勿論、八百長じゃありませんよ。
シェフチェンコの移籍の信憑性が少し高まりました。
ベルルスコーニとの対談の内容を記者会見で発表したのです。
その中には、移籍についての話題も上がったそうです。
・・・・これはシャレにならん。
シェバの代えなんてこの世の中どこにもいませんって。
頼む、頼むからロッソネーロのユニフォームのままでいてくれ・・・

明日はセリエA最終節。
八百長で揺れてはいますが、他リーグとは異なり、優勝争いが最終節まで続いています。
posted by 宝月 大和 at 01:39 | Comment(2) | TrackBack(1) | Serie A
この記事へのコメント
シェバは移籍を考えてると公言しましたね。
もう見守るしかなさそうです。。。
不安だぁ。。
Posted by shinji☆ at 2006年05月14日 02:12
返信が遅れてすみません。

来週にも答えを出すということなので、それを待つしかなさそうですね・・・
シェバもミランに残りたいような感じを出していますし、某毒舌監督は「ミラノに残るかも」とも言っています。
「しかし!」なんですよね〜、この世界。
「オレはこのクラブを愛していて離れる気はない」とか言っていても数日後には移籍が決まっていたり;;
バルサ→レアルの移籍をやってのけたフィーゴがいい例ですよ・・・

ああ、怖いですが待つしかなさそうですね。
共に祈りましょう!
Posted by 宝月 大和 at 2006年05月21日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

☆シェフチェンコ揺れる☆
Excerpt: シェバ 「もう隠しても仕方がない」 アンチェロッティのコメント「シェバが彼の将来
Weblog: AC.Milan LIVE
Tracked: 2006-05-14 02:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。