2006年03月13日

セリエA ユベントスVSミラン

セリエAの大一番。
ここでミランが負ければ、スクデットはユーべで決まりでしょう。
CLのバイエルン戦といい、この試合といい、大一番が続きますねぇ。

まぁ、結果はスコアレスドロー。
ミランはユーべよりもいい動きをしていたと思う。
まぁ、CLの直後にこの試合を持ってくるのもどうかと思いますが。
終盤になってガットゥーゾが退場。
リンギオ(唸り声)とあだ名される闘志溢れるプレーが裏目に出たのでしょうか。
でも、あの人がイエローを2枚貰うなんて珍しいですね。
そんだけ気合が入っていたのでしょうか?
むぅ・・・あまり決定機がなかったのでネタ切れ。
でも、勝って欲しかったなぁ。ともあれ、追記にしてみましたが。
もう無理でしょうねスクデット。
多分、アンチェロッティもそれを分かっている気がします。
序盤のハイペースを普通に維持していますから、ユーべ。
もう崩れることはないでしょう。
今更ですが、マルディーニ、カフーを欠いたのは痛かった。
セルジーニョ、カラーゼ、ネスタ、スタムの布陣も素晴らしいですが、やはり去年までスタメンだった選手を2人も欠くと安定感が生まれるまで時間がかかるものです。
現に終盤あたりからのミランのDFは非常に安定しています。
CLに狙いを定めた方がいいかもしれませんね。

posted by 宝月 大和 at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Serie A:Milan
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。