2006年02月23日

チャンピオンズリーグその2

一応、ミランに関係あることですし、書きますか。
今朝行われた試合は
アヤックス VS インテル、ブレーメン VS ユベントス、チェルシー VS バルセロナ、レンジャーズ VS ビジャレアル。(ホーム - アウェー)

結果は・・・
アヤックス 2-2 インテル
前半で2-0とアヤックスがリードしていましたが、後半2分スタンコビッチのゴールで1点を返すと、41分にFWクルスが同点ゴールで引き分けます。
アドリアーノは不発ですね。
これで10試合連続の不発だとか。
ライバルチームのエースが不調・・・わ、笑っていませんよ;

ブレーメン 3-2 ユベントス
詳しくは知りません。
再逆転で勝ったみたいです。
最後はロスタイムだとか。

チェルシー 1-2 バルサ
ポゼッション対カウンターと対極のチームカラーを持つ両チームが激突。
オウンゴールが両チームとも出ると言う波乱の試合に。
前半37分にチェルシーのサイドバックデル・オルノがバルサの超新星メッシーに強烈なタックルを見舞い、一発レッド。
数的優位に立ったバルサですが、後半に入って(誰か忘れた)オウンゴールで一点を献上します。
しかしその後、今度はチェルシーにDFテリーのオウンゴールで同点。
(ホントに凄いなこの試合・・・)
で、均衡を破ったのはバルサのエースストライカー、エトーがセンタリングを頭であわせて逆転。
バルサのポゼッションサッカーがチェルシーのカウンターサッカーに勝利しましたね。
ボール支配率 チェルシー34%、バルサ66%。
この数字がやはりチームカラーの差を表していますね。

レンジャーズ 2-2 ビジャレアル
これも詳しいことは良く分からないので結果だけ(ぁぇ

う〜む、余談を許さない展開ですね。
昨日のミランとバルサが少し抜き出た感じでしょうか。
posted by 宝月 大和 at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Champions League:Others
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。