2006年02月23日

バイエルンVSミラン

今日の早朝に終わったゲーム。
まぁ、学校やら部活やらで書くのが超遅れた^^;
今更感がありますが、とりあえず書きます。

1−1のドローでしたね。
いや、ホーム全勝中であるバイエルンに対して素晴らしい出来です。
とりあえず、アンチェロッティが選択した布陣は・・・
スタムをディフェンスラインの右に起用。センターにはネスタとカラーゼ、左にセルジーニョ。中盤の底にはピルロを置き、その前にガットゥーゾとセードルフ、トップ下にカカ、前線はシェフチェンコとジラルディーノ。
今ある中でのベストメンバーでしょう。
何度も思いますが、ホント、セルジーニョには感謝しています。

バイエルンの布陣も攻撃的でしたね。
よくは覚えていませんが(ぉぃ
負傷したカーンは結局ベンチにも入っていません。
人の不幸を笑うのも失礼ですが、ちょっと嬉しかったり

先制点は、バイエルン。
バラックの完璧なロングシュート。
アウト回転が掛かっていて少し落ちる変化がありました。
ゴール左隅にドンピシャ。
ジダも手を伸ばしましたが、あと少しのところ届きませんでした。
いや〜、敵ながら天晴れ。
バラックの偉大さを改めて確認しましたよ。
その後のジダのプレーは非常に安定していました。
問題は前線ですよ。
カカが完全に抑えられていました。
カカの持ち味である素早いドリブルでカウンターを決めようとするものも、壁があるかのようにラストパスが通らない。
シェバもジラも動きは悪く無かったですよ。
シェバはむしろよかったと思います。
あれは、バイエルンのディフェンスがよすぎるんですね。
昨シーズンのミラン張りですね〜。

ややおされ気味でハーフタイムに突入。
後半開始時ので選手交代は両チームとも無し。
まぁ、両チームの選手に動きは素晴らしかったのでわざわざ変える必要は無いでしょう。
しかし、ミランはどうして決定的な場面を生み出せません。
そんなこんなで後半12分。
イスマエル、ハンド!
このチャンスをシェバがきっちりと決め、試合は振り出しに。
これでシェバはCLでの得点を7に伸ばし、得点ランキング首位を独走中。(2位はロナウジニョの5)
点を取ったらチームは勢いづく物。
直後にエリア内の絶好の位置でジラの右足が唸りを上げましたが、得点にはつながりませんでしたが。
反撃の狼煙を上げたミランにアクシデントがあせあせ(飛び散る汗)
な、なんとジダがルシッオとの接触プレーで右足を捻挫ふらふら
ゴールマウスの守りはカラッチが引き継ぎ試合再開。
何故か不幸は続きます。
後半31分ガットゥーゾにイエローカードが出されます。
これにより累積警告で次のサンシーロでの第2レグに出れませんあせあせ(飛び散る汗)

3月8日のサンシーロで決着が着きます。
とりあえず、今回はミラニスタの皆さんは胸を撫で下ろしたことでしょう。
バイエルンが8強入りすると予想したカッペロの度肝を抜いて欲しい物です。


因みにその他の試合は・・・
ベンフィカ 1−0 リバプール

いや、サプライズですよ。
圧倒的不利と見られていたベンフィカがやってくれました。
怪我人だらけでベんフィカは大敗を喫するのではないかと僕は予想していましたが。
セットプレーからのルイサンのシュートが決勝点に。
ジェラードを温存した策が裏目に出てしまったのでしょうか?
アン・フィールドでの第2レグが楽しみです。

PSV 0−1 リヨン
世界屈指のプレースキッカー、ジュニーニョがやってくれました。
十八番のぶれるFKで見事得点。
いや〜、凄い。

Rマドリード 0−1 アーセナル
いや・・・・もうレアル酷すぎますよ。
マドリディスタの方には大変申しづらいのですが;;
いきなりS・ラモスの横パスを奪われ、危うく失点でした。
後半開始早々にアンリの先制点。
その後もレアルのパスミスは止まらず;;
レアルはホームで痛い敗戦です。
posted by 宝月 大和 at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Champions League:Milan
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13635301

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。