2007年05月30日

いろいろと動いていますが

各国でリーグ戦も終わり始めているので、盛り上がるのがメルカート。
ミランの動きはまだありませんが、いくつか大物が動いてます。

・キブがインテルの4年契約で合意
ぐは・・・去年のイブラヒモビッチに続き、またしてもお隣に取られましたorz
ぜひともロッソネーリのほうに来て欲しかったのですが。
まぁ、まだ金銭面でローマと折り合いが付いていないので確率が0になったわけじゃないんですが。
ピサロとかカード持ってますしねぇ、インテル・・・

・トニがバイエルンへ
遅咲きの大型FW、ルカ・トニはミュンヘンへ。
ふむ・・・ミランへという話もあったんですがね。
まぁ、ヴィオラもバイエルンもUEFAカップですので、CLはそんなに関係なかったのかな?

・フィーゴのアルイテハド行きが白紙へ
驚きましたね。
なんかアルイテハド側が契約違反をやらかしたとか何とかで。
今季で契約が切れるインテルに残るかどうかは微妙だとか。
ならば、是非日本へ。
契約を破るような人は居ませんよ〜。
バルセロナで和食レストランを経営しているくらいの親日家ですし・・・ねぇ。
まぁ、こんな物ですかね。


ミランはまだ成立はしていませんが、水面下で動いていると思われます。
エメルソンをつれてくるためにオリベイラとのトレードで交渉に向かったそうです。
まぁ、オリベイラを引き取ってくれるクラブはイタリアには居ないでしょうしね・・・
エメルソンではなく、エジミウソンという声も聞こえます。
ブラジル人か・・・まぁ、いいんだけどねぇ。
FWではシェバではなくエトーが本命のようで。
今季、バルサでは物議を醸しまくってましたが、ミランではそんなことはないと思われます。
だって、ミランですよ、お隣ならいざ知らず・・・
posted by 宝月 大和 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移籍情報

2007年05月28日

セリエA閉幕

お疲れ様でした。
インテルの独走でミラニスタにとっては面白くないものでしたが(笑)
エール・ディビジィやリーガでは大混戦、ブンデスでは、シュツットガルドが優勝し、バイエルンが来季のCL出場権を逃すなど非常に面白いシーズンだったのに・・・
まぁ、ローマがインテルの勝ち点100と無敗優勝を阻んでくれたのは良かった。
他力本願だなぁ^^;
 
もう来季に向けての準備ですね。
・若いDF
・軸となるFW
・中盤のバックアッパー
問題は山積みです。
「中盤のバックアッパー」はオリベイラの対価としてフォーゲルを出してしまいピルロのバックアッパーが不在に。
それまでした活躍してないし・・・orz
 
DFはキブ(人気銘柄)、メクセス(同じく人気銘柄)、パルザッリ(イタリア人!)、コンパニ、アレックス(チェルシー・・・(-_-;))あたりが欲しい。
FWはエトー(アフリカ・ネーションズカップでの離脱がネック)、イブラヒモビッチ(インテルと喧嘩を始めた模様)、G・ロッシ(マンUが手放すか)、クアリアレッラ(イタリア人)、フンテラール(人気銘柄)
MFはモントリーボ(イタリア人)、スナイデル(高い技術があるが線の細い体でがセリエAで通じるか)、セスク・ファブレガス(出るとしたらスペインだろうな・・・)
あたりがいいかな 
 
DFはキブ、メクセス、パルザッリの中のどれか一人は引っ張ってきてもらいたいところ。
セリエAに馴染んでいるし、パルザッリはイタリア人だし。 
FWはG・ロッシ!
マンUが手放さないと思いますが、彼はミラニスタと聞きます。
クアリアレッラでもいいかな。
イタリア人がいいです。

後はフンテラールとか
MFではエメルソン、ゼ・ロベルトと言う名前が挙がっていますが、これ以上のブラジル化は勘弁して欲しいところ。
ロナウド、カカ、セルジーニョ、カフー、ヂダ・・・もういっぱいです。
なので、イタリア人のモントリーボとかスナイデルが欲しい。
スナイデルは好きな選手なので、ロッソネーリでのプレーを見たいです。
まぁ、アヤックスはバレンシアのオファーを一蹴しましたので中々難しい物があるかもしれませんが;;
 
まぁ、皆さんも同じ様な感じ・・・ですよね?

posted by 宝月 大和 at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Serie A:Milan

2007年05月27日

アテネの歓喜

19785_news.jpg

もう今年は忙しすぎてほったらかしでしたが、これは書かずに居られない。
少し遅れていますが、


ACミラン、CL制覇!!
 

まさかここまでやるとは思いませんでした。
開幕時のゴタゴタ、軸となるFWが居ない中でのシーズンを戦いました。
しかし、やる時はやりますよ。
ベスト16で苦しみながらセルティックを下し、ベスト8でバイエルンにホームで不覚もアウェーで素晴らしいプレー。
準決勝では最後の最後で失点し、劣勢に立たされながらも、サン・シーロで完璧な試合。
そして決勝、相手は因縁の相手リバプール。
主役はピッポ。
2点ともピッポらしい得点。
「ピルロのゴールを強奪」?それがピッポだ!
裏の抜け出し、それがピッポだ!
1点目はイングランドでは「ハンド疑惑」が大方の見方ですが、ひじを締めていたと思うんですが。 
2点目は真骨頂。
あれほど綺麗に裏を取るとは・・・カカのパスも含め、最高ですね。
セードルフが消えていたのが残念かな、ベスト8、準決勝の影の勝利の立役者。

でも、地味なんだよな(笑)
足元のテクニックとか半端ないもの持っているし、強烈なミドルも持っているのに、目立たない。 
ヤンクロは緊張してたのかな?
ミスが目立ってた。 

やっぱ、カカだよ。
マルセイユルーレットにファールで潰されたけど、完璧な「Run with the ball」そしてヤンクロのパスを胸でトラップし、2タッチでのミドル・・・
素晴らしい、バロンドールは頂きですね。
C・ロナウドと競ると思うけど。

CLの投票ではカカがぶっちぎっていましたが。

マルディーニがビックイヤーを掲げた時は鳥肌を立ったよ。
通算7度目、ミランの獲得した国際タイトルは16個と世界最高になりました。

12月は絶対に、絶対に見に行きます!

相手はボカを希望。
ここでもリベンジしておきたいです。
posted by 宝月 大和 at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Champions League:Milan

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。