2006年10月27日

ミラン、キエーボに勝利。

前節、パレルモにホームの敗戦を喫したミランでしたが、今節は勝利しました。
ヤンクロフスキーのゴールで1−0。
いいっすね、ヤンクロ!
結構、好きなんですがなかなかスタメンを勝ち取れずにいるのですが、やるときはやってくれます。
ジラは、チャンスはありましたが決められず未だノーゴール。
長いですねぇ、トンネル;
 
次節の相手は・・・宿敵インテル。
今季初のミラノダービーです。
負けるわけにはいきませんよ、絶対。
前回は1−0でミランの勝利。
カラーゼの素晴らしいボレーシュートでした。
ここで勝つのと負けるのでは、今後のチームへの風当たりも随分と変わってきます。
インテルはアドリアーノがブラジルに帰ったりと色々ゴタゴタがありますし、十分行けるはず。
ここで決めたら漢ですよ、ジラ!
グラスコーダービー、クラシコ、ミラノダービーは3大ダービーと勝手に位置づけています。
盛り上がりも半端ありません。
歓声、罵声と色々飛び交う中での試合になるでしょう。
カカがダービーについての意気込みを語っていたので載せてみます。
 
「僕らにとっては勝ち点で6ポイントの価値がある大事な試合になるだろう。最大のライバルを止めたいという気持ちがモチベーションにつながる。リーグ戦でもまだやれると信じているし、チャンピオンズリーグも狙っている。サッカー選手にとっては特別な大会だからね。でも、今年はリーグ戦も刺激的だ」
 

現在のチーム状況について
「今は運に見放されていると思う。ワールドカップの疲れの影響があるとは思わない。それよりも3日ごとに試合があることの方が大変だけど、僕らだけじゃなくどのチームにとっても同じことだ」

 

「ミランが苦しい時期を過ごすのはこれが初めてじゃない。大事なのは、悪い時期でもその中でベストの結果を引き出し、状況をいい方向へ導くことだ。ミランは勝ち慣れたチームで、そのことはこれまでに証明してきた。今後もまたその力を見せられると信じている。迷いは全くない」

そこで1つ朗報が・・・
アンブロジーニが練習に復帰したそうです。
指揮官からも信頼の厚い中盤の重要なバックアッパー。
タイプ的にはガットゥーゾに近いので守備的に振舞うときに投入されます。
力強いヘディングが魅力です。
いまでも覚えていますよ、04〜05シーズンのCL準決勝で決めた勝ち越しのヘディングシュート。
PSVに猛追されていていつひっくり返されてもおかしくない状況でのゴール。
走り込んできて勢いよく打ちました。 
因みにクロスを上げたのはカカです (笑)
 
ミラノダービー、勝ってくれ・・・つーか勝て(笑)
posted by 宝月 大和 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Serie A:Milan

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。