2006年09月02日

ミランの選手の背番号決定。

ミランの公式ホームページで今年の背番号が発表されました。
新ユニフォームと共に載せたいと思います。
06-07ユニフォーム.jpg
1 ジーダ
2 カフー
3 マルディーニ
4 カラーゼ
5 コスタクルタ
7 リカルド・オリベイラ
8 ガットゥーゾ
9 インザーギ
10 セードルフ
11 ジラルディーノ
13 ネスタ
15 ボッリエッロ
16 カラッチ
17 シミッチ
18 ヤンクロフスキー
19 ファバッリ
20 グルクフ
21 ピルロ
22 カカー
23 アンブロジーニ
25 ボネーラ
25 セルジーニョ
29 フィオーリ
32 ブロッキ

なんと、シェバの背番号7はオリベイラが引き継ぐみたいです。
ここまでされたらオリベイラも気合が入らないわけがありませんよ。
シェバの7番は特別ですからね、マルディーニの3ぐらいですよ。
10番はセードルフ。
ガッリアーニに「10番をくれ」と電話で交渉。
それゆえ、10番を背負うことになりました。
空いた20番はフランスの新星グルキュフがもらうことに。
カカは相変わらずの22。
ミランに来た時に22歳だから選んだとか。
ピッポの9、マルディーニの3、ピルロの21、ガットゥーゾの8、ネスタの13などはもはや不動ですよね。
ブロッキはまた32番に決定しましたし(笑)  
posted by 宝月 大和 at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Milan

カルチョメルカート、閉まる。

8月31日を持って、ヨーロッパの移籍市場が閉まりました。
最後のほうでも大きい移籍がありました。

・アシュリー・コール、チェルシーへ
アシュリーコール.jpg
チェルシーは前々から狙っていた、アシュリー・コールをガラスに500万ポンド(約11億3000万円)をつけてトレードで獲得。
契約期間は5年。
FAが締め切りを遅らせる特例措置を取って翌9月1日午前1時25分発表という正に駆け込み移籍。
モウリーニョ監督はこの話を聞いておらず、ガラスを更生させようとしていたため、激怒したそうな。
それでも世界最高のSBを獲得できたのは大きいですよね。

 
 

・レジェス、レアルへ
スペインへの帰国を望んでいたレジェスの争奪戦に決着がつきました。
行き先はレアル。
パプディスタとのトレード。
期間は1年ですが、完全移籍のオプションもついているとか。
レジェス・・・アーセナルで頑張って欲しかったんですよね。
好きな選手ですので、レアルに行かれるのは;;

・ウェストハム、テベスとマスチェラーノを獲得。
驚きました。
チェルシーをはじめとする多くのビッククラブに競り勝ったんですから。
テベスは、ミランまたはローマだと思っていたんですがね。
まさかプレミアとは。
マンU、リヴァプール、ニューカッスル、トッテナム、ウェストハムとチェルシーの首を狙うチームも増えプレミアは面白くなりそうですね。

・ミラン、アモローゾを放出。
結局、こうなりましたか。
出場機会を求めてアモローゾはコリンチャスへと向かいました。
ミランで過ごした6ヶ月で4試合1得点にとどまっていましたしね。
何しに来たのかわからないまま、去ってしまって残念です。

移籍マーケットも閉まっていよいよって感じですね。
開幕が待ち遠しいです。

posted by 宝月 大和 at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(2) | 移籍情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。