2006年07月26日

セリエA八百長事件再審判決。

セリエAの一連のスキャンダルの判決が下された後、ミラン、ユベントス、フィオレンティーナ、ラッツィオが控訴したために行われた再審の判決が出ました。

・ミラン
セリエA残留(06〜07シーズンは、勝ち点−8からのスタート)
05〜06シーズンの勝ち点、30ポイント剥奪。
→06〜07シーズンのCLは、予備選からの出場。

・ユベントス
セリエB降格。(06〜07シーズンは、勝ち点−17からスタート)
04〜05、05〜06シーズンに獲得したスクデットを剥奪。

フィオレンティーナ
セリエA残留(06〜07シーズンは、勝ち点−19からスタート)

<ラツィオ>
セリエA残留。(06〜07シーズンは、勝ち点−11からスタート)

随分と軽くなりましたね。
いや・・・此処までとは。
ユーべだけがBに降格となりましたね。
まぁ、モッジが今回の事件の親玉ですからね。
これでヴィオラのファンが電車を止めるなどということはないでしょう。
ミランはCLに出れるというわけで、個人的には気分上々。
今季で引退を表明しているマルディーニが一番喜んだでしょう。
もう少し早くミランがCLに出れるとわかれば、ザンブロッタも手に入れることが出来たでしょうが(-_-;)
くそう・・・ユーべの選手がレアルやバルサに買い叩かれていく。

しかし、明るいニュースがないわけでもありません。
クレスポがセリエA復帰を熱望とか。
ということは彼が来る場所は、サン・シーロ以外ありえないと!
チェルシーで不当な扱いを受けていた彼を復活させたのは、ミランですよ。
しかも、直後にチェルシーも「帰ってきてくれ」って;;
彼は大舞台に強い男です。
CLでの活躍は素晴らしかった。
ピッポ+ジラ、ピッポ+クレスポ、ジラ+クレスポ・・・・シェフチェンコの穴を十分に補ってくれるでしょう。

いや、本当に良かった!
posted by 宝月 大和 at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | Serie A

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。