2006年07月10日

2006World cup 最終章

今朝、W杯決勝イタリアVSフランスが行われました。
応援中のイタリアが優勝することを信じてみていましたね。

前半
開始早々にアンリがぶっ倒れました。
カンナバーロともろにぶつかったみたいです。
少し、ピッチを離れますが、すぐに復帰。
その直後の前半4分、ザンブロッタがヴィエラを削り、イエロー。
言い方は悪いですが、累積とか気にする必要ないので荒っぽいプレーも少々・・・
でもまぁ、ザンブロッタは止まろうとしたんですが、止まらなかったって感じですがね。
この試合の主審は3ヶ国語を喋れるらしいんですが、イタリア語とフランス語はからきしだとか。
意思の疎通とか心配です。
5分、マルダがマテラッツィにたおされてPKを得ます。
あれはファールなのか・・・?
これをジダンが決めて1−0
あの大舞台であんなキックをするとは・・・トッティのチップキックばりです。
堅固を誇ってきたイタリアが失点をします。
8分にはマテラッツィがあわやオウンゴールのプレーを。
彼には前科があるだけに・・・
19分、ピルロのCKをマテラッツィ!!!!
高い、高すぎる。
PKの汚名を返上する同点ゴール。
35分、ピルロのCKからトニのヘディング!!!
セリエA31得点の意地を見せたれ!
が、バーに当たります。

後半
後半はややフランスペース。
立ち上がりはアンリのドリブル。
4分にはアンリのキープからクロス。
7分にはマルダのシュート、9分はマルダのクロス。
イタリアの守備に綻びは見られません。
11分、ヴィエラに代わりディアッラ。
「ヴィエラあってのジダン」と言われるほど今大会では高いパフォーマンスを見せていたヴィエラでしたが、交代です。
15分、イタリアも一気に2枚のカードを切ってきます。
1トップのシステムでは欠かせない2列目の飛び出しを見事遂行してきたペッロッタが肘鉄おこ・・・もといオールラウンダータイプのデ・ロッシと代わり、トッティがイアクインタと代わります。
こういう試合にこそピッポだと思うんですがね・・・
17分、アンリがシュートを放ちますが、ブッフォンのセーブ。
なかなかチャンスを作れないイタリアですが、31分にFKを得ます。
勿論キッカーはピルロ。
「入った」と思うぐらい素晴らしいキックでしたが、惜しくも枠を外します。
41分、リッピ監督、カモラネージを下げ、デル・ピエーロ投入。
アレックスは今大会途中出場で素晴らしいプレーを見せています。

このまま後半終了。
延長前半
イタリアが攻め込まれます。
ほとんど攻撃していません。
ですが、堅固なDFで耐えます。

延長後半
ジダン、退場!
マテラッツィに頭突きをかましました。
多分、マテラッツィが何か言ったみたいですがね・・・
しかし、まぁマテラッツィの吹っ飛びようも異常だと思いましたがね。
互いにあまり見せ場がないまま終わります。

そしてPK戦へ・・・
正直、イタリア終わったと思いましたよ。
今までW杯で一度も買ったことないんですよ。
94年なんか決勝で負けたし・・・
もう見てられない状況でしたがなんと勝ちました!
トレセゲが外したんですよ。
いや・・・叫びまくっちゃいましたね。
凄かった。
小さな巨人カンナバーロ、代表100試合目でW杯優勝なんてカッコよすぎるぜ!
12379_news.jpg
今年最大のイベントW杯はイタリアの優勝をもって幕を閉じました。
前回大会に比べはるかに質の高いプレーが見れましたし、空席もありませんでしたね。
いや、良かった良かった。
posted by 宝月 大和 at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(5) | World cup

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。