2006年07月06日

ファイナリスト、決定。

W杯の準決勝が今朝を持って終了しまた。
此処まで来たら予想は無意味なんですが、アズーリとフランスが決勝に駒を進めました。

イタリアVSドイツ
前半はほとんどイタリアペースですね。
セットプレーからガンガン狙ってきますが、ドイツは良く凌ぎます。
後半はドイツが勢いを取り戻し、なかなかの好ゲーム。
ですが、お互いに、点を取れません。
延長前半は両チームとのビックチャンスがありました。
ジラが抜け出してシュート!がポスト。
ザンブロッタのシュートもバー直撃・・・
イタリアは運が悪いです;;
ドイツは途中出場の快速サイドアタッカーオドンコールがクロス。
それをポドルスキがフリーでヘッド!
イタリア、命運尽きたかと思われましたが、枠を外します。
危なかった;;
オドンコール・・・疲れが溜まっている終盤に出てこられると止められません;;

延長後半
このままではPKと思われる試合展開に;;
お互いGKが神掛かったセーブを連発します。
PK戦に持ち込まれると辛いのがイタリア;;
W杯では3戦全敗という悲惨な成績があります。
しかし、ドラマは待っていました。
CKのこぼれ球をピルロがキープ(ミラニスタなので、彼がCK蹴らないとどうも落ち着かないんですが^^;)3人引き連れて、中のグロッソにパス。
これをグロッソが左足で巻いた球を蹴りサイドネットへ。
イタリア、遂に先制します。
日本のFWに見習ってもらいたいDFのシュート。
後は、お得意のカテナチオですよ。
カウンターから駆け上がったジラがペナルティーエリア内でキープ。
後ろから走りこんできたデル・ピエーロに落として、デル・ピエーロが決めます。
駄目押しの2点目。
このまま試合は終わってイタリアが決勝進出。
完全アウェーの状況で良くやりました。

フランスーポルトガルは試験直前と言うことで見ていません。
ジダンのPKでが決勝点となりフランスが決勝進出です。
なんだかんだでフランス、決勝進出です。
ジダンのラストダンスの舞台も決勝ということになりました。

24年ぶりの戴冠を狙う、イタリア対8年前に栄光再びフランス。
ジダンの現役最後の試合です。
posted by 宝月 大和 at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | World cup

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。