2006年04月28日

Champion league準決勝第2leg ミラン0−0バルサ 

さぁ、最後のパリへの切符を賭けた決戦。
ミランVSバルセロナ
結果はスコアレスドロー。
2試合合計でバルサが決勝に進みました。

ミランのスタメンは・・・
   インザーギ  シェフチェンコ

           カカ

 セードルフ            ガットゥーゾ

           ピルロ
セルジーニョ               スタム

       カラーゼ  コスタクルタ

           ジダ

ネスタの文字がスタメンに載っていたのでひとまず安心ですが、試合には出れない模様です。
代わりにマルディーニよりも年上、ベテランの中のベテラン、コスタクルタが入ります。

前半1分も経たないうちに、ミランチャンス!
カカがカウンターで右サイドから駆け上がりシュート!
惜しくもゴール左に外れます。

2分、ミラン逆にピンチ。
DFのもたつきをエトーに衝かれ、ヂダと一対一。
これをヂダがファインセーブ・・・凄かった。

16分、ミランまたもDFのミス(おいおい
カラーゼのタッチミスをエトーに拾われ、ヂダとまた一対一。
今日のヂダはキレています。
なんとか体に当てます。

22分、ミランのカウンター。(アウェーなのでどうしてもカウンターだよりになってしまいますが・・・)
これによりCKゲット。
ピルロのキックが見れるかと思いきや、ショートコーナーを使い、ピルロへ。
ピルロが魅せました。
軽く浮かしたボールでエリア内のシェバへ。
「来た、来た・・・・ああぁ〜」と言う感じでゴールを割ることは出来ません。

36分、セードルフが得意のミドルを見せましたが入りません。

両チーム0−0で折り返します。
18分にコスタクルタを下げ、カフーを入れます。

23分、ガットゥーゾに代わりルイ・コスタ

24分、中盤からのFK。
ロビングボールをシェバが合わせ、ゴール左へ!
「来た〜、ウクライナの矢!やっぱり貴方か!」と思いきやファール?
「ノーゴールだと?この野郎・・・どこに目付けとんじゃ!」と喚き散らしましたが、朝が早く近所に迷惑なので黙ります;;

29分、北欧のストライカー、ラーションが火を吹きます。
エトーのクロスをドンピシャで合わせられましたが、またしてもヂダ
繰り返しますが、今日のヂダはキレがあります。

31分、ピッポに代わり、ジラ
もうこの後のミランにチャンスは無かったですね、正直。

このまま、タイムアップを迎え、バルセロナが決勝に駒を進めました。
無念です。
1点取れば振り出しに戻るという状況だったのに。
やはり、バルサは強いです。
シャビを欠いてあそこまでやれるとは・・・
ライカールト監督の手腕の高さがわかります。
結局ジラはCL無得点で終わってしまいましたし、今日なんか何もやっていないし;;
カカの初ビックイヤーもお預け・・・
ルイ・コスタも盛りが過ぎてしまいましたね。
パスは一級品なんですが。
でも、とても面白い試合でした。
サッカーを詳しく知らない人でも十二分に楽しめる試合だったと思いますよ。
でも、まぁ負けたから仕方ない。
決勝は一サッカーファンとして観戦させてもらいます。
posted by 宝月 大和 at 00:19 | Comment(1) | TrackBack(4) | Champions League:Milan

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。