2006年04月23日

メッシーナVSミラン

ミランが敵地に赴き、メッシーナと対戦しました。
残留に向けて必至のメッシーナ。
足元をすくわれない様にしなくては。

<前半>
先制は、なんとメッシーナ。
しかも開始早々。
FKがDFの誰かにあたり、軌道が変わったボールをヂダがなんとか弾きましたが、スクッリに詰められ0-1。
そして、10分少々経ったとき、なんとカカが負傷退場。
何してくれてんだよ!!!!!!!!
来週には、大一番バルサ戦があるんぞ!
う〜む、軽症だといいんですが。
ミランの医療スタッフの技術は他のクラブの群を抜いているので、何とかしてくれると思います。
代わりにアンブロジーニが入ります。
なんかこの試合はみんな集中を欠いていましたね。
カラーゼはパスミスをするし、ネスタもクリアミスが見られました。
20分も経たないうちにネスタを下げ、スタム投入。
そして、30分も経たないうちに入れたばかりのアンブロジーニを下げ、ヤンクロフスキーを投入。
2人とも怪我らしいです。
これから大事な試合が控えているというのに・・・・心配です。
前半が終わる前に交代カードを使いきってしまいます。
32分に、入ったばかりのヤンクロフスキーがゴールを決め、同点。
43分にな、なんとガットゥーゾのミドルシュートで逆転。
あの人のゴールを見たの久々のような気がする・・・

<後半>
満身創痍のミランですが、後半は決定的なシーンを作られはしましたが、運良く乗り切ります。
シェバが目だってばかりでしたが、43分、敵のパスミスをかっさらったセードルフのパスをジラが決め1−3。
ロスタイムに入って、メッシーナのファウルから小競り合いに。
セードルフと相手の誰かが退場になります。
メッシーナは既に2人の退場者を出しているので8人になってしまいました。
両チームで退場者が4人とは・・・荒れた試合でしたね。
でも、勝ててよかったです^^

本当に、カカ、ネスタ、アンブロジーニの状態が心配です。
もし来週のバルサ戦に出られない・・・なんてことになったら・・・・。
posted by 宝月 大和 at 01:10 | Comment(2) | TrackBack(3) | Serie A:Milan

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。