2006年04月28日

Champion league準決勝第2leg ミラン0−0バルサ 

さぁ、最後のパリへの切符を賭けた決戦。
ミランVSバルセロナ
結果はスコアレスドロー。
2試合合計でバルサが決勝に進みました。

ミランのスタメンは・・・
   インザーギ  シェフチェンコ

           カカ

 セードルフ            ガットゥーゾ

           ピルロ
セルジーニョ               スタム

       カラーゼ  コスタクルタ

           ジダ

ネスタの文字がスタメンに載っていたのでひとまず安心ですが、試合には出れない模様です。
代わりにマルディーニよりも年上、ベテランの中のベテラン、コスタクルタが入ります。

前半1分も経たないうちに、ミランチャンス!
カカがカウンターで右サイドから駆け上がりシュート!
惜しくもゴール左に外れます。

2分、ミラン逆にピンチ。
DFのもたつきをエトーに衝かれ、ヂダと一対一。
これをヂダがファインセーブ・・・凄かった。

16分、ミランまたもDFのミス(おいおい
カラーゼのタッチミスをエトーに拾われ、ヂダとまた一対一。
今日のヂダはキレています。
なんとか体に当てます。

22分、ミランのカウンター。(アウェーなのでどうしてもカウンターだよりになってしまいますが・・・)
これによりCKゲット。
ピルロのキックが見れるかと思いきや、ショートコーナーを使い、ピルロへ。
ピルロが魅せました。
軽く浮かしたボールでエリア内のシェバへ。
「来た、来た・・・・ああぁ〜」と言う感じでゴールを割ることは出来ません。

36分、セードルフが得意のミドルを見せましたが入りません。

両チーム0−0で折り返します。
18分にコスタクルタを下げ、カフーを入れます。

23分、ガットゥーゾに代わりルイ・コスタ

24分、中盤からのFK。
ロビングボールをシェバが合わせ、ゴール左へ!
「来た〜、ウクライナの矢!やっぱり貴方か!」と思いきやファール?
「ノーゴールだと?この野郎・・・どこに目付けとんじゃ!」と喚き散らしましたが、朝が早く近所に迷惑なので黙ります;;

29分、北欧のストライカー、ラーションが火を吹きます。
エトーのクロスをドンピシャで合わせられましたが、またしてもヂダ
繰り返しますが、今日のヂダはキレがあります。

31分、ピッポに代わり、ジラ
もうこの後のミランにチャンスは無かったですね、正直。

このまま、タイムアップを迎え、バルセロナが決勝に駒を進めました。
無念です。
1点取れば振り出しに戻るという状況だったのに。
やはり、バルサは強いです。
シャビを欠いてあそこまでやれるとは・・・
ライカールト監督の手腕の高さがわかります。
結局ジラはCL無得点で終わってしまいましたし、今日なんか何もやっていないし;;
カカの初ビックイヤーもお預け・・・
ルイ・コスタも盛りが過ぎてしまいましたね。
パスは一級品なんですが。
でも、とても面白い試合でした。
サッカーを詳しく知らない人でも十二分に楽しめる試合だったと思いますよ。
でも、まぁ負けたから仕方ない。
決勝は一サッカーファンとして観戦させてもらいます。
posted by 宝月 大和 at 00:19 | Comment(1) | TrackBack(4) | Champions League:Milan

2006年04月26日

アーセナル、クラブ史上初の決勝進出

今朝、もう1つのパリへの切符を賭けた闘い・・・アーセナルVSビジャレアルが行われました。
結果はスコアレスドロー。
アーセナルの思惑通りですね。
アーセナルは、クラブ史上初の決勝進出です。
この結果で、アーセナルは大会史上初の10試合連続無失点記録を打ち立てました。
いや〜、凄いです。
カーンとのドイツ代表正GK争いに勝った、レーマンはPKを止めるなど、正に守護神でしたね。

アーセナルVSミランぜひとも実現してもらいたいです。


さて・・・・今日の4時45分にバルサVSミランが開始します。
本当に楽しみです。
ミランには勝ってもらってパリに行きましょう!
posted by 宝月 大和 at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | Champions League:Others

バルセロナに乗り込みます。

ミランの面々がパリへの切符を賭けて敵地、バルセロナに乗り込みました。
ホームで敗れてしまった、ミラン。
もう1点もやれない状態。
カカやネスタの状況については火曜日の午後・・・もう少しで発表です。
お願いだから、出て欲しい。
彼らの力がなくしてバルサは倒せません。

アンチェロッティも、ミランには経験で勝っていると言っています。
この「経験」が大舞台では大きなファクターになるんですよ。
世紀の大逆転負けも今ではいい経験です!
底を知った者は強いのです。

ピッポが帰ってくるのは心強い限りです。
リヨン戦で彼が後半43分に勝ち越し点を決めなくてはミランは敗れ去っていました。
美しいシュートが打てるというわけではありませんが、一瞬の隙も見逃さない彼はどんな形だってシュートを決められます。
バルサのDFは一時も気を抜けないでしょう、抜いたその一瞬が命取りになるのいだから。
彼には奇跡を起こせる「何か」があります。
しかも、パートナーにはいまや世界最高のストライカー、シェバが居ます。
ミドルよし、ヘッドよし、スペースも作れる万能型FWです。
ミドルがあればDFラインは上がる、それはオフサイドギリギリの場所を戦場としているピッポとっていいこと。
ヘッドはセットプレーからも点が取れるということ。
スペースを作ればやはりピッポが生きてくるということ。
つまり、ピッポとの相性は抜群です。

バルサの若い人たちにもを知ってもらいましょう!
さぁ、行きましょう!
posted by 宝月 大和 at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Champions League:Milan

2006年04月24日

怪我人続出のミラン

え〜、メッシーナ戦を終え、遂にミランはユーべに勝ち点3まで迫りました。
アンチェロッティも「今はCLが第1目標。リーグ戦は2位になれればいい」と諦めを口にしていましたがここに来て「こうなったら両方とも獲得したい」とのこと。
・・・・が、メッシーナ戦でミランは怪我人続出の緊急事態。
カカアンブロジーニネスタカフー・・・・おいおい此処は野戦病院か?
カフーはもう大丈夫とコメントしていますのでひとまず安心です。
が、カカは右足打撲、ネスタは右太もも痛、アンブロジーニは、左足腓骨打撲だそうです。
カカはミランの攻撃の要。
ネスタは世界を代表するCB。
アンブロジーニだって、昨シーズンのCL準決勝第2レグでPSVから値千金の勝ち越し弾を放っている、重要なサブ。
大変心配ですが、一応朗報もあります。
ミランの医療スタッフは世界最高のレベルなんです。
確か、チェルシーのロッベンが怪我した時、ミランはこの医療スタッフを貸し出したそうです。
それにより、ロッベンは驚異的な速さでピッチに戻ってきたとか・・・・

2冠も夢ではないですが、個人的にはビックイヤーが欲しいです。
去年の大逆転負けの雪辱を晴らしてもらいたいです。
が「二兎を追う物は一兎をも得ず」と言います。
去年だって2冠の可能性はありましたが、結局何も取れませんでしたからね。
posted by 宝月 大和 at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(2) | Milan

2006年04月23日

メッシーナVSミラン

ミランが敵地に赴き、メッシーナと対戦しました。
残留に向けて必至のメッシーナ。
足元をすくわれない様にしなくては。

<前半>
先制は、なんとメッシーナ。
しかも開始早々。
FKがDFの誰かにあたり、軌道が変わったボールをヂダがなんとか弾きましたが、スクッリに詰められ0-1。
そして、10分少々経ったとき、なんとカカが負傷退場。
何してくれてんだよ!!!!!!!!
来週には、大一番バルサ戦があるんぞ!
う〜む、軽症だといいんですが。
ミランの医療スタッフの技術は他のクラブの群を抜いているので、何とかしてくれると思います。
代わりにアンブロジーニが入ります。
なんかこの試合はみんな集中を欠いていましたね。
カラーゼはパスミスをするし、ネスタもクリアミスが見られました。
20分も経たないうちにネスタを下げ、スタム投入。
そして、30分も経たないうちに入れたばかりのアンブロジーニを下げ、ヤンクロフスキーを投入。
2人とも怪我らしいです。
これから大事な試合が控えているというのに・・・・心配です。
前半が終わる前に交代カードを使いきってしまいます。
32分に、入ったばかりのヤンクロフスキーがゴールを決め、同点。
43分にな、なんとガットゥーゾのミドルシュートで逆転。
あの人のゴールを見たの久々のような気がする・・・

<後半>
満身創痍のミランですが、後半は決定的なシーンを作られはしましたが、運良く乗り切ります。
シェバが目だってばかりでしたが、43分、敵のパスミスをかっさらったセードルフのパスをジラが決め1−3。
ロスタイムに入って、メッシーナのファウルから小競り合いに。
セードルフと相手の誰かが退場になります。
メッシーナは既に2人の退場者を出しているので8人になってしまいました。
両チームで退場者が4人とは・・・荒れた試合でしたね。
でも、勝ててよかったです^^

本当に、カカ、ネスタ、アンブロジーニの状態が心配です。
もし来週のバルサ戦に出られない・・・なんてことになったら・・・・。
posted by 宝月 大和 at 01:10 | Comment(2) | TrackBack(3) | Serie A:Milan

2006年04月22日

メッシーナ戦直前。

もうすぐ、セリエAでメッシーナ戦が迫っています。
ユーべとの直接対決でドローだったのでスクデットは完全に持っていかれたかと思いましたが、ユーベが完全にガス欠状態に。
10ほど差があった勝ち点はいつの間にか5まで縮まっています。
ミラノダービで2位の位置はしっかりとキープしましたし、このまま行けばもしかしたら・・・があるかもしれません。

今季は大変でしたが、まぁ収穫もあったはず。
セルジーニョのサイドバック固定で復活。(アンチェロッティ曰く、まだまだ嫌々らしいですが)
カラーゼがあの怪物揃いのミランDF陣でも十分やっていけることが分かったこと。
残すところわずかですが、頑張ってもらいたい物です。
posted by 宝月 大和 at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Serie A:Milan

2006年04月19日

チャンピオンズリーグBEST4 1stレグ

全世界が待ちに待った夢の対戦、ACミランVSバルセロナ。
アルベルディーニの引退試合ではありません。
正真正銘のガチンコ勝負。
世界最高のレベルのサッカーが行われます。
場所はミランの本拠地、サンシーロで行われました。
残念なことに、両チームともケガなどでベストメンバーを組めませんでした。
先にバルサ。
神の子メッシー、スーパーサブラーションはケガのため欠場。
バルサのレジスタ、デコもサスペンションで欠場。
ミランはミランで、ピッポが発熱。
絶好調のベテランコスタクルタも欠場。
前者はジラが、後者はケガ明けのスタムが入ります。
引けを取らない優秀な人材です。

そして、8:45(日本時間4:45)に試合が始まりました。
前半は俄然、ミランペース。
デコ、シャビを欠いた、バルサはいつものようなパス回しが出来ません。
代わりに入っているファン・ボメルはどちらかと言うと、力で制圧するタイプですし。
後半に入ってすぐの11分。
ガットゥーゾのプレスをかわしたロナウジーニョがとんでもないスルーパス。
それをジュリが決めてバルサ先制。
まさか、ジュリに決められるとは・・・
メッシーの台頭で影が薄くなり、代表戦では期待を裏切るプレーの連続でW杯のフランス代表争いから脱落したと思われているような人です。
いや・・・もう・・・orz
このまま負けてしまいました。
なんか、ミランはカカばっか頑張っていた気がします。
アンブロジーニもジラもカカが生んだチャンスを潰してばっかだし・・・
ホームで負けるのは痛いですね。

2ndレグでは、ピッポが帰ってきますが、バルサもデコが帰ってきます;;
まぁ、頑張ってもらいたい物です。
マルディーニ、カフーの両ベテランがケガから復帰したのは朗報です。
特にマルディーニ。
精神的な支えになります。
posted by 宝月 大和 at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | Champions League:Milan

2006年04月16日

(超遅れ気味)ミラン、CLでBEST4入り&ミラノダービー

はい、遅れています。
最近、忙しかったんだって;;

まぁ、とりあえず、ミランはフランス王者リヨンをホームで撃破し見事。
BEST4進出。
やはり、スーペル・ピッポがやってくれました。
先制点を上げ、同点に追いつかれこのままではアウェーゴールで負けてしまう状況に値千金の勝ち越し弾。
いや、もう愛してるよ、ホント(ぁ
復帰直後から長いケガのブランクを感じさせない絶好調で飛ばしつつ付けるピッポ。
やはり、底を知った人間ってのは凄いよ。
かのスーパーストライカー、マルコ・ファン・バステンのようにケガのせいで引退まで囁かれた人ですよ。

そんなわけで次の相手は、強敵バルセロナ。
どうして、今年のミランは強敵ばかりに当たるんだorz
ドイツ王者、フランス王者、スペイン王者って・・・おかしいよ;;
それは置いといて、バルサのパスワークは凄い。
魅惑のアタッキングサッカーは見ていて楽しいですよ。
前線だけでも、神の子メッシー(ケガのためミラン戦には間に合わない模様)に世界最高のテクニシャンロナウジーニョ、アフリカ最強の男エトー、北欧の点取り屋ラーションなど怖い怖い。
中盤だってシャビはケガですが、イニエスタ、ファン・ボンメルなど穴を埋められる選手はいます。
優れた状況判断と鋭いスルーパスのデコも健在。
CBもDMFもこなせるマルチロールなエジミウソン。
モッタなんかもいいですね。
まぁ、此処に勝ったら、ビッグイヤーは間違いなくミランでしょう。
反対の組に残っているのは、アーセナル、ビジャレアルですからね。
ミランと単純に戦力を比較してもどうしても見劣りしてしまいます。
アーセナルのセスクはお気に入りなんですがね。
インテル、ユーべも敗れたのでイタリアの意地を見せてやりましょうぜ。
詳しくも知らないくせに、バルサ優位だとか言っている日本人の目を覚ましてやりましょう。
ミラノダービーもカラーゼが決めたゴールを死守し、ミランが勝ったみたいでし^^^
posted by 宝月 大和 at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(3) | Champions League:Milan

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。